車の悩みナビ

プライドオブNY

リアワイパーは何のためにある?ない車はとの違い

投稿日:

 

・リアワイパーは、後ろの窓についているワイパーのこと

自分の車を見てみるとリアワイパーがついているというけど、これ一体どんな時に使うものなの?と思うことはないでしょうか。

ワイパーというのは、雨が降った時の視界を確保するために使用します。

リアワイパーも窓についた雨を除去し、視界を確保するために使用します。

しかし車は前に向かって進んで行きますよね。

そのためフロントワイパーは使用頻度が高くても、リアワイパーは運転し始めのみ使用という場合が少なくありません。

後ろのワイパー動かし方

車の後方の窓に取り付けられたワイパーは、一般的にはリアワイパーと呼ばれています。 日常的に動かすシーンの少ない部分ですが、簡単な操作で動かす事ができます。 曇りを取りたいならこちらの記事が参考になりま ...

続きを見る

 

・リアワイパーは雪除去や泥はね除去の目的もある

そんなリアワイパーは、雨だけのものではありません。雪や泥を除去する目的でついているのです。

そうすることによって視界をより確保し、安全運転が出来るようになります。

 

・リアワイパーがある車とない車があるのはどうして?

通常トランクがない車であれば、後輪からの泥はねが後ろの窓についてしまうことが多いはずです。

そのためリアワイパーを使用することが多いのではないでしょうか。

しかしセダンタイプのトランクがついている場合は、トランクで泥はねを防ぐことができるので、始めからリアワイパーが車についていない場合が多いのです。

 

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険スクエアbang!なら、最大19社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

 

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

 

-車のトラブル

Copyright© プライドオブNY , 2018 All Rights Reserved.