車の悩みナビ

プライドオブNY

車のボンネット外からの開け方と閉め方

更新日:

車のボンネットは、基本的には車内にある専用のレバーを引く(もしくは押す)事で開ける事ができます。

しかし、あまり開く機会のない車や古い車だと、ワイヤーが正常に作動しない事もあります。

こうした場合には、外側から物理的に開けなくてはなりません。

バール等を使ってテコの原理で開ける方法では、車が傷ついてしまいます。

 

通常のボンネットの開け方

通常ボンネットを開ける方法は、車内にあるボンネットを開けるレバーを引きます。

そうするとボンネットが少し浮きます。

その隙間から中をのぞくと引っかかっている部分があるので指を突っ込んで引っかかりを取ってからボンネットを上げます。

 

 

外からのボンネットの開け方

少しだけボンネットが上がった状態で隙間が見えているのであれば、その中のレバーを操作する事で開けられます。

このレバーを上、もしくは左向きに動かせばスムーズに空いてくれます。

 

それでも動かない場合には、人間の力で持ち上げながら作業を行って下さい。

場合によっては、成人男性2人分くらいの力が必要となる場合もあります。

無理に持ち上げても破損を招く恐れがあるため、レバー操作を慎重に行いながら実践しましょう。

 

ボンネットを開けるときの注意点

エンジンは必ず切った状態で作業を行って下さい。

この作業に不安がある場合、もしくは隙間すら見えていない完全密閉の状態と言う事であれば、業者(専門家)に依頼するのが無難です。

ボンネットのロックを外す方法を取らなくてはならないため、一般人の素人が手を出すと逆に車を傷付けてしまいかねません。

まずは、隙間が見えているか否かをチェックしてみましょう。

バッテリー交換後のトラブルと注意点!カーナビ消える

最近の車のバッテリーは突然切れます。 昔のバッテリーのようにじょじょにエンジンがかかりづらくなるわけではないので、バッテリー交換も突然にすることになります。 2年か3年ごとにちゃんと交換している人は良 ...

続きを見る

 

ボンネットが閉まらない場合

開けたはいいが今度は逆にボンネットが閉まらないということもある。

ボンネットをおろしてみたけどなんだかちょっと隙間があるという場合、あきらめてそのまま乗るのは絶対にやめましょう。

走行中にはずみでガバッと開いてしまう場合があります。

前がまったく見えなくなって大変危険です。

 

正しいボンネットの閉め方

ボンネットの正しい閉め方はボンネット自体の重さでドスッと落として閉めることです。

大きな音がして車に悪そうですが、これくらいは大丈夫です。

上から押すような締め方はボンネットを凹ませてしまう恐れがあるのでやめましょう。

 

やってはいけないボンネットの閉め方

ちなみにこちらの動画のような閉め方はやめましょう。

 

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険スクエアbang!なら、最大19社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

 

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

 

-車のトラブル

Copyright© プライドオブNY , 2018 All Rights Reserved.