車を安く買う方法

プライドオブNY

新生児向けチャイルドシートのおすすめの選び方

更新日:

日本では6歳未満の子供を車に乗せる時には、必ずチャイルドシートに乗せなくてはなりません。
一口にチャイルドシートとは言いますが、乗る子供の年齢や大きさによってシートにも種類があります。
今回は新生児から使用できるチャイルドシートのおすすめ商品をご紹介したいと思います。

リアカメラ(バックガイドモニター)

バックガイドモニターは大変便利です。もしまだつけていらっしゃらない場合は是非とも付けてください。 私の愛車にはオプションでしたが、バックガイドモニターを装備しました。 バックガイドモニター代をケチって ...

続きを見る

新生児のチャイルドシート

自家用車をお持ちのご家庭だと、赤ちゃんが一番最初にチャイルドシートに乗るのは産院から自宅へ帰る時が多いと思います。
新生児におすすめなチャイルドシートはシートがフラットになってベッドのようになるものです。

新生児から使用可能なチャイルドシートは数多くありますが、ベッドタイプではないチャイルドシートだと、パッドなどを装着していても赤ちゃんがまだ小さすぎて、どうしても首に負担がかかるような体制になることが多いです。
その点ベッドタイプのチャイルドシートは首への負担が少なく、赤ちゃんの眠りを妨げません。

回転式チャイルドシート

またもう一つおすすめしたいのが回転式のチャイルドシートです。
チャイルドシートは一歳前までは後ろ向きで取り付けます。
そのためどうしても乗せ降ろしがしにくいです。
さらにオムツ替えなどをしようと思うと、チャイルドシートの上ではかなり厳しいものがあります。
ですが回転式のチャイルドシートだと、思った方向に回転させることができるので乗せ降ろしはもちろん、オムツ替えもしやすいのです。
また車がスライドドアでない場合にも重宝します。

まとめ

ベッドタイプでかつ回転式のチャイルドシートとなると、かなり限られますし高額な商品になってしまうのですが、その価格以上に赤ちゃんにも保護者の方にも良いことばかりですよ。

スライドドアは駐車場幅が狭くてもOK

スライドドアの車は普通のドアの車に比べて、様々なメリットがあります。 例えば、家族やいつも乗せる人に子供や高齢者がいるような場合にはスライドドアの方が乗り降りがしやすく、開けやすいために特に選ばれる傾 ...

続きを見る

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険スクエアbang!なら、最大19社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-自動車を買う

Copyright© プライドオブNY , 2017 All Rights Reserved.