車を安く買う方法

プライドオブNY

バッテリー交換後のトラブルと注意点!カーナビ消える

投稿日:

最近の車のバッテリーは突然切れます。昔のバッテリーのようにじょじょにエンジンがかかりづらくなるわけではないので、バッテリー交換も突然にすることになります。2年か3年ごとにちゃんと交換している人は良いのですが、バッテリーは意外と高いものですし、なかなか変えない人も多いです。

バッテリー交換すると一部のデータは消える

バッテリーを急に変えると問題が起こることがあります。FMやAMなどラジオのメモリーや、カーナビ、時計などのメモリーが消えます。また、一から設定するのも大変なので、バックアップ電源を使うと良いです。バッテリー交換中に、電気を供給するもので、これを使えばメモリーを消さずに済みます。

最近の車種は走行状況を記憶して、燃費などをコントロールしている車種もあり、バックアップ電源を使わないとこれも消えてしまい、しばらく燃費が悪くなったりします。

カーショップやスタンドで交換すれば、その辺も考えてやってくれますが、自分で交換した場合は大変です。メモリーは設定しなおせば良いですが、バッテリーに補充電がされていない場合、交換後一時間くらい走らせないと、バッテリーが切れやすい状態になります。

警報装置やカーナビのセキュリティ機能が動作する

交換後いきなり警報装置が鳴り出すこともありますが、驚かないで落ち着いてエンジンをかけて警報装置を切りましょう。

古いバッテリーの無料処分法

ちなみに古いバッテリーは、スタンドなどにたのんで捨てるとお金がかかるので、金属回収の業者に持って行きましょう。安いですが買ってくれます。

-自動車

Copyright© プライドオブNY , 2017 AllRights Reserved.