車を安く買う方法

プライドオブNY

*

車を安く買うコツ

車を安く買うコツはズバリ、「車屋が売りたい時期に買うこと」です。
もちろん、車屋にとって年間を通して、売れてほしくない時期はありませんが、他の時期に比べて売りたい時期というのがあります。
具体的には「決算に関係する時期」である、”9月”と”3月”です。
大手ディーラーや中小の代理店、中古車屋に至るまで、どのような店舗であっても販売をしている限り、決算の数字を良くすることに注力する面があります。
とくに、本決算時期である”3月”の売り上げは、かなり意識されています。
ですので、この”3月”に購入するのが一番安く買える時期なのですが、これにはさらにコツがあります。
それは、「3月中の購入を前提にして、前もって下見や軽い交渉を持ちかけることを何度かしておくこと」です。
初売りから顔を出しておくのもいいですし、2月中や3月に入ってからでも構いません。
何度か来店して、いろんな話をして、自分を印象付けておきます。
そうして”本気で買う客”だと思わせておくことにより、いざ購入の意志を見せたとき、価格交渉をより近い関係で進めることが出来るようになります。
このお客さんのために頑張りたいと思われれば、少しの無理をしてでも販売に繋げようとあちら側も努力してくれるでしょう。
「3月、もしくは9月の購入を目指して、何度か店に通う」。
これが車を安く買うコツとなります。

車を安く買う時期

車を安く購入する時期は、決算時期の3月がよいと思います。新車は特に安くなります。この時期は営業マンもノルマをかかえているので値引幅もおおく期待できます。
販売台数を多くしたい時期でもありますから価格交渉は強くでてもいいと思います。二番目に安くする時期は9月です。この時期も3月と同じで中期決算にあたる時期なので新車を中心に安く購入できる時期でもあります。ボーナス時期の7月も車の購入は安く買える時期でもあります。ボーナス商戦の時期は他社と競争しているので他社の車を引き合いに出せば効果的と思います。時間的に余裕がある場合、フルモデルチェンジの時期がベストなタイミングだと思っています。メーカーは古い在庫の車を残したくなくかなり有利な条件で車を安く買えると思います。もし下取りの車がある場合交渉の条件として有利になりますので、下取りの車の相場などを調べておく必要があると思います。少しでも車を安く買いたいのであれば購入時期はとても大切です。時期によって値引き額が大きく変わるからです。安くなる車の購入時期のタイミングを逃さず賢い買い方をしてもらいたいと思います。車は安い買い物ではありませんので、余裕を持って購入したいと思います。

私の思う中古車を安く購入できる時期は6月から7月辺りではないかと考えます。3月や4月は新たに免許を取得した大学生や新社会人などがマイカーを購入するための需要が高まるのでこの時期は相場が上昇傾向になるのではないかと考えるからです。実際に過去に乗っていた車を購入したのは3月前半でしたが相場と比べるとやや高かったような気がします。それを逆手にとってこの販売のピークが落ち着いた6月ごろからは急激に販売ペースが落ち込むと思うのでそこを狙うのがベストであると思います。私のこの考えを信じ今乗っている車を6月に購入してみましたがやはり3月~4月よりは価格も落ち着いていてこちらの値下げ要求にも割と簡単に首を縦に振ってくれたので春先よりもかなり安く車を購入することができました。ちなみに3月~4月は中古車の販売相場が上昇するだけでなく人気車種はあっという間に売れてしまうので人気モデルや人気なカラーの競争率が高まり希望の車種・カラーを手に入れることもなかなか困難です。少し時期をずらすだけで価格も安定して自分の希望する車種とカラーのマイカーが手に入りやすくなるので中古車を購入するなら6月から7月がおすすめだと思います。

新車を安く買う方法

新車を購入する時は多額の費用がかかってしまうので出来るだけ安く購入したいと思っている人も多いでしょう。そこで新車を安く購入するコツをいくつか挙げていく事にしましょう。

車を安く購入する事が出来る時期は一般的に3月の年度末決算期、9月の中間決算期、12月の年末商戦期と言われていますが、特に3月の年度末決算期は大幅な値下げをする事もあります。新車を安く購入するコツは3月の年度末決算期に購入するのがオススメです。しかし新車を安く購入する事が出来る事は他の人も知っているのでこの時期は混雑する事が多く納車まで時間がかかってしまう事があります。

新車はメーカーのディーラーで購入する事になりますが、安く購入したいと考えている人は値引き交渉をする事になるでしょう。しかしディーラーも簡単に値引きをする事は出来ないので自分一人で値引き交渉するだけではなかなか難しいです。そこで車のメーカーで働いている知人を立ち合わせて値引き交渉をすると紹介のような感じになるので安く購入する事が出来ます。またオプションを付ける時もサービスしてもらえる事もあるので新車を安く購入したいと考えている人はオススメの方法です。

新車を安く購入する方法はこのようにあるので実践してみるといいでしょう。

中古の軽自動車を安く買う方法

軽自動車を中古で安く買いたい場合、まず目をつけたいのは販売台数の多い車種です。販売台数が多ければそれだけ中古車市場に出回る数も多くなり、販売店側は車両価格を下げたり、アフターサービスをつけるなどして他店と競争するので、より良い条件の車を探せるでしょう。
軽自動車はだいたい5年サイクルでモデルチェンジが行われているので、この時期も安く買えるチャンスです。
モデルチェンジ後は中古車市場に流通している現行車が型落ちとなり、一時的に販売価格が下がります。特にフルモデルチェンジを行った車種は狙い目。先代モデルが一気に中古車市場へ流れてきて飽和状態になるのです。
一通り出回った先代モデルの中でさらに狙い目なのはマイナーチェンジ後の車種です。年式では1~2年落ちとなりますが、先代モデルの最終形だけに走行性能や装備の面において新型車と遜色がありません。
安く買うことを目的とするなら、グレード面で妥協するのもポイント。オプション装着車のミドルグレードあたりならハイグレードなものと比較してもさほど変わらないです。
また、中古車市場ではブラックやホワイトなど無難なカラーが人気です。派手であったり珍しいカラーは安く売られている傾向があります。
もう一つ大きな安く買えるチャンスの時期が決算期です。特に年度末を迎える3月の1ヶ月前ぐらいから売れ筋車種の販売価格が下がります。さらに、販売店としては在庫を抱えるより売り上げたいものなので、提示されている価格からの値引き交渉にも応じてくれやすい時期でもあります。

車を安く買う方法はオークション

車を安く購入する方法としてかなり安く購入できる方法がインターネットオークションでの売買です。個人売買なので何かあったときのトラブルは自己責任になりますが業者を介さないので市場に出ている車よりも安く場合によっては値段交渉で下げることも可能なのです。しかしこの個人売買にはトラブルが起こった事例がかなり多いので購入は現車確認はもちろんのこと細心の注意を払って車を確かめなければ後々、痛い目を見る可能性があります。どのようなトラブルかというと一番多いのが無事故車と聞いていたのに実際は事故車だった場合です。見た目自体はきれいに修復されていても足回りにダメージが残っている場合もあり実際はまっすぐ走らなかったりと事故にもつながりかねないので大変危険です。ある程度車を見る目がない限りオークションでの車の購入はやめておいたほうが賢明かもしれません。次に多いトラブルは代金の支払いを済ませた後出品者からの連絡が取れなくなる場合です。先払いを要求されても現車確認をして車の受け渡しの時に支払いをする方法のほうが確実なのでそのように先払いを要求されたら怪しいと思い取引を中断したほうがいいかと思います。注意しなければいけないことも多いオークションですが掘り出し物も多いのも事実なのでよく見極めていい出物を手に入れましょう。

車を安く買う方法のうち下取りなし

車を安く買う方法は、少し手間はかかりますがまず同じディーラーの違う店舗でそれぞれ買いたい車の見積を出してもらいます。それぞれの店舗の営業さんときちんと交渉します。交渉内容は例えば今標準でついているオプションを外した場合に値下げがいくらできるのか?とか自分は買う気で来ていますよという事がきちんと伝わる様に話をします。で、2店舗目もしくは3店舗目では同じ様に交渉をしますが、他の店舗でも話を聞いたけどそっちのが安ければその話をちらっと出してそれよりも値引いてもらえませんか?という交渉もします。その交渉をすれば1件目よりも必ず低い見積を出してくれると思います。そうしたらもう一度1件目の店舗に戻ります。
他店で同じ車を見たらおたくより安い見積を出してくれましたよ。と言いさっきの2店舗目、3店舗目よりもきっと安くしてくれるハズです。ただその際には今日ここでハンコを押すからね。という買う意思をきちんと見せなければ相手も安くはしてくれないと思います。そうしてどの店舗よりも一番値引きさせて購入する事ができると思います。
あとは購入の時期でしょうか。やはり車会社も決算に左右されているハズです。決算ぎりぎりであと少し数字がほしいという3月等に購入するのがおすすめです。

中古車を安く買う

車離れだといわれる昨今ですが主要都市以外ではやはり自動車はなくてはならないものではないでしょうかしかし自動車にかかる費用は相当なものこれだけたくさんの新車が売られればおのずと中古車の流通も増えます流通が増えれば安くなるのは経済の必然ですそこで自動車を安く手に入れる方法で中古車を選択するのは自然なことだと思いますしかしせっかく安く自動車を手に入れても壊れて修理をすることになってしまったら元も子もありませんでは中古車を購入する場合はどうすれば結果的に安く手に入れることができるのでしょうか?私の恩師は中古車にしか乗らない方でしたその恩師が言うにはまず許可を得て水をかけると言っていました古い車はゴムが痛んで雨漏りするのだそうですしかし現代において雨漏りは滅多にあることではないでしょう中古車情報でまず目につく点として事故歴というものがありますないのに越したことはないのですが実は軽度の事故では事故歴つかないと知っている方は少ないのではないでしょうか?これは事故歴というものが実は修復歴と呼ぶべきものであることが起因しています大雑把に言うと交換のきかない部品を修復したり履歴になります簡単に説明するとフレームやピラーなどがこれに該当しますこういった情報をきちんと説明してくれ商品の車であってもこの年代の車はこのパーツが弱いから気を付けてねとか今までしっかりメンテナンスしてきたからおススメだよなんていったコミュニケーションがしっかりとれる店舗の中古車が一番いいですね今はインターネット上での購入も増えてきていると思いますいくら安くても質問に答えてくれないとか返事が遅い店舗よりも昔ながらの直接的であれ間接的であれきちんと会話できる販売店で購入すればアフターサービスも含めて安いだけでなくお得に購入ができると思います

 

Copyright© プライドオブNY , 2017 AllRights Reserved.